NOAH BREEDING NEWS

ワタボウシパンシェ


お父さん(左)とお母さん(右)
お母さんのお腹にしがみついています。
1999年4月21日に
Noah 飼育施設内にて ワシントン条約
CITESTの稀少種
ワタボウシパンシェ
はじめて誕生しました。

以来、2世代にわたって繁殖に成功し
2015年11月30日に
21頭目となる男の子と
22頭目となる女の子が
が生まれました。


お父さんは赤ちゃんを背負いながらも
周囲の警戒を怠りません


お父さんの背中で安心して
2頭とも眠っています


おっと!危ない。
さあもう一度上手に乗って


7月1日 親離れ
ここから人間によく馴れます






NOAHではマーモセット、タマリンなどの
超小型のサルが産まれた場合は、生後
1〜2ヶ月の間は親にそのまま託し、親
が仔ザルのひとり歩きを促すようになった
ら、親から離して別のケージに移します。
ここから、育ての親としての人間に、少し
ずつ馴らしてゆきます。

ノアではマーモセットやタマリンをはじめとする
様々な小型ザルの自家繁殖に成功しています

ノア・ブリードの小型ザルに関するお問合わせ
ご予約は、お電話・メールでお受けいたします。


TEL:
045-778-1234 

E-mail:noah@kentosh.co.jp
  
他のサルも見る

いちどノアに行ってみよう・・・
⇒ ここをクリック